オースティン界隈にて


Howdy!テキサス州都オースティン界隈の情報、生活雑記をお楽しみあれ~
by lifeinaustin

<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アジア系映画が充実のNicheFlix

このブログを見てくださったマメコさんからの
ご質問に答えて、
今日はアジア系映画をレンタルする方法のひとつを
ご紹介します。

皆さん、ウェブサイトで借りたい映画をリクエストして
郵便で送られてくる映画レンタルサービスNetflixは
ご存知かもしれませんね。
名前は似ていますが、こちらは
Nicheflix

これもNetflixとシステムは似ていますが
アジア系映画(日本、韓国、香港その他)が充実しているので
アジア系映画がお好きな方には便利なサービスだと思います。
人気があるものは少し待ち時間が長いですが
延滞料金はないので、安心です。

日本の映画は残念ながらハズレも多いですが、
最近の物の中に掘り出し物も意外とあるんですよ。

アジア系映画ではありませんが、
HEBが始めた一日$1レンタルサービスも
安くていいと思います。
ただし、最新の作品は在庫が切れていることもあります。
まあ、これはレンタルストアでも同じことが言えますね。
[PR]
by lifeinaustin | 2005-07-12 05:59 | 映画

ハウルの動く城



先週木曜日Chronicleを何気なしに見ていたら
宮崎駿監督の「ハウルの動く城 Howl's Moving Castle」が
オースティンでも2箇所で上映中であることがわかりました。
一緒にいた友人から聞いたのですが、
吹き替え版と字幕版の両方があることが判明。

もちろん日本の映画なら
日本語で聞きたいということで迷わず
Arbor Cinema @ Great Hills
に行ってきました。

わたしが気に入ったキャラは火の悪魔カルシファー。
おだてられるとすぐその気になって
一生懸命お城を動かしちゃうところが好き。
あと、ソフィーの声を担当した倍賞千恵子さんは
すばらしかったと思います。
やはりベテラン女優だけあって、少女の声から
おばあさんの声まで変幻自在。

原作はダイアナ・ウィンジョーンズ Diana Wynne Jones 著
「魔法使いハウルと火の悪魔」だそうです。
映画を見ている間少し話がよくわからない部分があったので
(なぜ戦争しているのかとか)
原作を読むと解決するのかもしれません。

それにしても、ハリーポッターから始まった
ファンタジーブーム。魔法使いものブーム。
まだまだ続きそうですね。
頭の中でイメージをふくらませるのが大好きなので
ジャンル的にも結構はまれます。

この次は、アメリカでは12月9日(金)(日本では2006年3月4日)に
公開予定のディズニー映画
「The Chronicle of Narnia~The Lion,The Wicth, and The Wardrobe 」「ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女」を見に行こうかと思います。
原作はC.S.Lewis (C.S.ルイス)が書きました。
日本でもアメリカでも本屋で原作(全7作のシリーズ)は簡単に見つかります。
相方とベッドタイムストーリーとして
夜な夜な朗読しあっています。楽しいですよ。
[PR]
by lifeinaustin | 2005-07-07 23:28 | 映画


カテゴリ
イベント
レストラン <アジア系>
レストラン <アジア系以外>
デザート/カフェ
料理
エッセイ
映画
観光案内
以前の記事
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧